嫉妬の理由、嫉妬する人の特徴、嫉妬しない方法

嫉妬の理由・原因を知って嫉妬から自由になろう!

嫉妬は、職場、夫婦間、恋人同士、友人関係等の人間関係において種々のトラブルの原因になります。

嫉妬心を適切にコントロールできないと相手を傷つけるだけでなく自分をも破滅に追い込みます。

嫉妬から自由になることを目的として、人間が嫉妬する理由・原因、嫉妬しやすい人・嫉妬深い人特徴、嫉妬しない方法を紹介します。

編集人 flyder編集人 flyder

こんにちは、編集者のflyderです。

今回は、嫉妬の理由・原因、嫉妬しやすい人・嫉妬深い人の特徴を解説したうえで、嫉妬しない人になるための方法をご紹介します。

先に結論を申し上げると、嫉妬心から自由なるには、自己肯定感を高めるのが一番です。詳細は本文で…。


嫉妬する理由・原因

嫉妬の理由

人はなぜ嫉妬するのでしょうか…?
嫉妬しない人になるためにまずは、嫉妬する理由・原因について知りましょう。

嫉妬とは…

そもそも「嫉妬」とは…?今更説明不要だと思いますが、念のために…。
ウィキペディアによると「嫉妬」とは以下のように定義されます。

嫉妬とは、一つの感情であり、主として何かを失うこと、または個人がとても価値をおくもの(特に人間関係の領域)を失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情に関連した言葉である。

ウィキペディア

簡単に言えば、自分が大事にしているものを奪われたことに対する怒りや奪われるかもしれないという危機感・恐怖から生まれる憎しみなどのネガティブな感情のことです。

嫉妬のタチが悪いのは、嫉妬心が生れると相手に対する誹謗中傷、いじめ、嫌がらせ等の攻撃的な行動に駆り立てることです。

新聞の3面記事やテレビのワイドショーを賑わせる事件の根底には嫉妬が原因になっているモノが多々あります。

嫉妬深い人、嫉妬心を適切にコントロールできない人は他人を傷つけるだけでなく自分をも破滅に追い込むことがあるので注意が必要です。

嫉妬の最大の理由・原因は奪われることに対する怒りと恐怖

人間が嫉妬する理由する最大の理由・原因は、自分が大切にしているモノを奪われることに対する怒りや恐怖にあるといわれています。

嫉妬の最大の理由・原因は…

  • 自分が「所有すべきもの」を奪われたことによる怒り
  • 奪われかもしれないという恐怖心・危機感
  • 或いは自分の「あるべき地位」を奪われることに対する怒り

幼児に弟や妹などが生れたときに見られる「赤ちゃん返り」と言われる症状は、自分の大切な母親が下の子に奪われるという怒り・恐怖から生じる症状で下の子に対する嫉妬心が根底にあります。

独占欲・執着心が嫉妬を生む

別の角度で見れば、嫉妬の理由・原因は、愛情や名誉・地位・お金・財産・権力等に対する「独占欲」や「執着心」にあるとも言えます。幼児の母親に対する独占欲、恋人間の相手方に対する独占欲・執着心が嫉妬心を生むとも言えます。

嫉妬しやすい人・嫉妬深い人の特徴

嫉妬しやす人・嫉妬深い人

幼児の「赤ちゃん返り」の例からも分かる通り、嫉妬は人間の根源的な感情の一つであるといえます。

嫉妬心は程度の差はあれ、人間であれば誰もが持ちうる感情です。その一方で嫉妬しやすい人、嫉妬深い人が存在するのも事実です。

嫉妬しやすい人・嫉妬深い人の主な特徴として以下の特徴が挙げられます。

嫉妬しやすい人の特徴

  • 自分のことばかり気にする自己中心的な人
  • 人の好き嫌いが激しい人
  • 自分の非を認めたがらない人
  • 言い訳、不平・不満の多い人
  • 常に他人の目を気にしている人
  • ブランド品や流行アイテムが好きな人
  • 独占欲・執着心の強い人

嫉妬しやすい人・嫉妬深い人は自己肯定感が低い人!

自己肯定感が低いと嫉妬しやすく・嫉妬深くなる。

嫉妬しやすい人・嫉妬深い人に共通するのは自己肯定感の低さ!

ちなみに自己肯定感とは、自分の存在を価値ある存在と認識して自分が自分であることに満足しいる心情・状態のことです

嫉妬は、「嫉妬する側」と「嫉妬される側」がいてはじめて生まれるものです。すなわち、特定の人間関係の中での他人との比較が前提にあるといえるでしょう。

自己肯定感が低い人は、自分の存在価値を自分で測る術を知らない(確固たる信念・信条を持っていない)ので常に他人と比較したがります。

他人との比較で自分が特定の人より劣っていると感じると、本来自分のあるべき姿が否定されたと認識して嫉妬心が芽生えるのです。

他人との比較や、社会的な地位、所有物でしか自分の存在価値を測れないのです。嫉妬しやすい人・嫉妬深い人にブランド品好きが多いのも自己肯定感が低いからだと説明できます。

嫉妬しない方法~嫉妬しない人になるには?

嫉妬しない人になる方法

嫉妬は、職場から夫婦間、恋人同士、友人関係においてトラブルの原因を生み、時として恐ろしい事件を引き起こします。

嫉妬しない方法としては論者によって様々な方法が提唱されていますが…。嫉妬心から自由になる方法として私が確信を持っておすすめできる方法は自己肯定感を高めることです。

嫉妬しない人になるには自己肯定感を高めるのが一番

先ほど申し上げたように、嫉妬しやすい人・嫉妬深い人とというのは自己肯定感の低い人です。

また、嫉妬は「嫉妬する人」と「嫉妬される人」の2人の存在を前提として生まれます。

自己肯定感を高めて他人との比較なくして、自己の存在価値を肯定できるようになれば嫉妬から自由になれます。

▼自己肯定感を高めるためにあわせて読みたい記事▼

ポジティブに生きるための7ヶ条~人生を明るく前向きに生きる方法

自分の中の嫉妬心に対する7つ対策

精神科医の片田珠美さんはその著書「嫉妬を止められない人」の中で、『誰もが己の嫉妬心から自由ではいられない』としたうえで自分の中の嫉妬心を緩和するおすすめの方法として以下の7つを挙げています。

自分の中の嫉妬心への対応方法。

  1. 嫉妬している自分を受け入れる
  2. 一つの価値観に縛られない
  3. 正当な努力をしてみる
  4. 嫉妬する場所から離れる
  5. 自分と他人を比べるのをやめる
  6. 多様なつながりを持つ
  7. 自分のテリトリーの限界を見極める

片田珠美医師が挙げる嫉妬しないための7つの対策はいずれも傾聴に値します。

参考文献|嫉妬する理由、嫉妬しやすい人、嫉妬しない方法

今回の記事を作成するにあたり参考にさせて頂いた書籍を紹介します。

嫉妬しない方法・嫉妬の理由 参考文献
  • 「嫉妬を止められない人」片田珠美
  • 「嫉妬の心理学 人間関係のトラブルの根源」詫摩 武俊
  • 「シャーシャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感」中野信子

amazonで関連書籍を探す

嫉妬する理由・嫉妬しない方法とあわせて読みたい関連記事

▼妬まれる理由と妬まれたときの対処法▼

▼嫉妬と妬み・嫉みの違いについて▼

▼ポジティブ・前向きに生きる方法▼

▼芸能人逮捕でメシウマと感じる理由は?▼