アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人の違い

アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人との違い、アフィリエイトで成功する人と失敗する人の差から、アフィリエイトで稼ぐために必要なエッセンスを学び取りましょう。

アフィリエイトで稼げる人対してよくある質問に対し、2013年よりブログ・WEBサイトの運営を生業としているインディーライフ編集人のflyderが回答をご用意しました。

編集人 flyder編集人 flyder

人生100年時代、個人が自分で稼ぐ力を身につける必要性は高まっています。当記事では、アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人、成功者と失敗者の違いからアフィリエイトで稼ぐために必要な能力を浮き彫りにします


アフィリエイトで稼いでいる人の割合は?

数年前はアフィリエイトに取り組む人(アフィリエイター)の95%が月5,000円以上は稼げない。アフィリエイトで稼ぐなんて都市伝説なんて言われていた時代もありました。

アフィリエイトで稼げる人の割合は、実際のとこどうなんでしょうか?

2019年6月にリリースされたアフィリエイトマーケティング協会による最新の調査結果によるとアフィリエイターの全体の45.4%が月5,000円以上稼げています。

アフィリエイトで稼ぐ人の割合 円グラフ
データの出典:アフィリエイトマーケティング協会

確かに、ひと昔前に比べると月に5,000円以上稼ぐアフィリエイターの割合は増えているかもしれません。ただ、昨今の度重なるGoogle検索エンジンのアルゴリズムの変動でアフィリエイトで稼ぐのは難しくなっているという側面は否定できません。

アフィリエイトで月100万円以上稼ぐ人の割合は…?

月5,000円でもアフィリエイトでの収入がある以上「稼ぐ人」と呼ぶこともできますが…。

「稼ぐ」というからには、最低でもアフィリエイト収入だけで生計を立てられるだけの額を基準にしてみると以下のようになります。

  • アフィリエイトで月20万円以上稼ぐ人は全体の16.9%

  • アフィリエイトで月50円以上稼ぐ人は全体の10.7%

もっと言えば、多くのアフィリエイターが一度は目指すであろう「7桁」、つまり月100万円以上をアフィリエイトで「稼ぐ人」の基準にすると。

  • アフィリエイトで月100万円以上稼ぐ人は全体の6.7%

となります。

アフィリエイトで稼いでいる人の割合 積み上げ横棒グラフ

アフィリエイトで稼げる人は少数派

100歩譲って月5万円以上のアフィリエイト収入がある人を「稼ぐ人」とした場合でも、全体の73.5%は5万円未満にとどまることから、アフィリエイトで稼ぐ人というのは圧倒的な少数派ということが言えます。

アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人の違いは?

アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人との「違い」・「差」は一体何のか?

私はこれまでASP主催の各種セミナー・交流会・勉強会・SNS等介して多くのアフィリエイターと接してきました。

その経験をベースにアフィリエイトで稼げる人と稼げない人をステレオタイプ化してその特徴を挙げると以下のようになります。

アフィリエイトで稼げる人の典型・特徴

アフィリで稼ぐ人の特徴

稼げる人の典型・特徴は以下の通りです。

稼げる人の特徴

  • 一つのことに集中できるひと
  • 稼ぐ必要に迫られた人
  • お金に対する執着が尋常でない人
  • 素直な人
  • 行動力のある人
  • 継続できる人
  • 問題点を把握し改善できる人
  • スマート(賢い)で柔軟性のある人

アフィリエイトで稼げない人の典型・特徴

アフィリエイトで稼げない人の特徴

稼げない人の典型・特徴は以下の通りです。

稼げない人の特徴

  • ノウハウコレクター
  • 稼ぐ必要性のない人
  • 我の強い人(意固地)
  • 行動できない人
  • 継続できない人
  • 自分の問題点を把握できない人

アフィリエイトで稼げる人になるために~成功者と失敗者の違いに学ぶ

アフィリエイトで稼ぐ人」というのは、「アフィリエイトで成功する人」と言い換えることができます。他方、「アフィリエイトで稼げない人」というのは「アフィリエイトで失敗する人」と言い換えることができます。

そこで、大和ハウス工業会長の樋口武男さんが唱える「成功する人の12カ条、失敗する人の12カ条」がアフィリエイトにおいてもそのまま当てはまります。

コレ重要です!
▼成功する人の12カ条、失敗する人の12カ条▼

成功する人の12カ条 失敗する人の12カ条
人間敵成長を求め続ける 現状に甘え逃げる
自身と誇りを持つ 愚痴っぽく言い訳ばかり
常に明確な目標を指向 目標が漠然としている
他人の幸福に役立ちたい 自分が傷つくことは回避
良い自己訓練を習慣化 気まぐれで場当たり的
失敗も成功につなげる 失敗を恐れて何もしない
今ここに100%全力投球 どんどん先延ばしにする
自己投資を続ける 途中で投げ出す
何事も信じ行動する 不信感で行動できず
時間を有効に活用 時間を主体的に創らない
できる方法を考える できない理由が先に出る
可能性に挑戦しつづける 不可能だ無理だと考える

アフィリエイトで「稼げる人」(=成功する人)になりたいなら、「成功する人の12か条」を見本として、「失敗する人の12か条」を反面教師として学ぶことをおすすめします。

アフィリエイトで稼げない理由と「稼ぐ人」になるために必要なこと

アフィリエイトで稼げない(失敗する)最大の理由は、成果が出るまでに時間がかかることです。

時給で働くアルバイトや月給制のサラリーマンとは異なり作業・労働が即対価に結び付きません。場合によっては数か月に渡り無給労働となることも珍しいことではありません。

そのため、多くのアフィリエイターはモチベーションを維持することができずにアフィリエイトで稼ぐことを諦めていきます。

アフィリエイトで稼ぐ人になるためには、「稼げる人」と「稼げない人」、「成功する人」と「失敗する人」との違いからも分かるように、我流・独学での実践は非効率。正しいノウハウを忠実に「実践」、「継続」し、稼げた理由、稼げなかった理由を自分の頭で考え「改善」していくこと不可欠です。

アフィリエイトで稼げる人対してによくある質問

アフィリエイトで稼げる人に対してよくなされる質問に対して私なりの回答を用意しました。参考にして頂ければ幸いです。

アフィリエイトで稼ぐには副業では難しい?

確かに、専業に比べてアフィリエイトの作業にとれる時間が絶対的に少ないので簡単ではないです。しかし、本業で得た専門的知見をアフィリエイトで活かしたり、外注を使って作業の効率化を図るなどの工夫をすることでアフィリエイトで本業の給料以上の収入を得ることも十分可能です。現に、兼業でアフィリエイトに取り組んで月100万円以上稼ぐ人も珍しくはないです。

おすすめのジャンルは?

アフィリエイトで稼ぐためには金融や脱毛・美容などの高単価案件に取り組むべきという意見も強いです。しかし、高単価案件はアフィリエイターの競争が激しいだけでなく、Googleのコア・アップデートの影響を受けやすいです。高単価案件のジャンルに取り組むことはアフィリエイトで稼ぐための絶対条件ではありません。 現に、アドセンスのみで月100万円以上の広告収入を得ている人やamazonアソシエイト、楽天アフィリエイトの物販のみで月100万円以上のアフィリエイト収入を得ている人も珍しくはありません。 高単価という理由だけでジャンルを選ぶよりもよりも自分が興味を持って長期に渡り継続できるジャンルを選ぶのがおすすめです。

アフィリエイトで稼ぐためおすすめの本は?

アフィリエイトで稼ぎたい初心者から中級者さんのためにお勧め本を紹介しています。

アフィリエイトで稼ぐには学歴・地頭の良さは関係ある?

学歴は一切関係ないです。アフィリエイトで稼ぐために必要とされる能力は問題に回答する能力ではなく、自ら問題を発見・設定する能力です。自分で仮設を立て検証・改善する能力は学習により後天的に習得することができます。ですから地頭の良さも関係ありません。

ブログアフィリエイトなら特化型ブログor 雑記型ブログ

アフィリエイトに取り組むなら雑記型よりも特化型ブログをおすすめします。雑記ブログには雑記ブログのメリットがあり、そのメリットを活かしてアフィリエイトで稼いでいるブロガーさんもたくさんいらっしゃいます。しかし、ブログ全体に統一感のある特化型ブログの方がアフィリエイト戦略を立てやすいというのが私の見解です。

この記事に関する質問はtwitterでも受け付けいています。
▼インディーライフのtwitterアカウント▼
インディーライフ@Indie_life_55

あわせて読みたいお薦め記事