『Google Adsenseマネタイズの教科書』の書評・感想

『Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]』(のんくら本)って、ぶっちゃけどうなの?

Adsenseをはじめとするアフィリエイトで稼ぎたいなら絶対に読むべき、という人もいる一方で、読む必要はないという意見も耳にするんだけど…。

編集人 flyder編集人 flyder


こんにちは、当メディアの編集人をしていますflyderです。

今回は、『Google AdSense マネタイズの教科書』通称『のんくら本』の購入を迷われている人のために同書の書評・感想を書いてみました。

私なりの結論は『ズバリこんな人におすすめ!』という形で示しました。

私だけの見解では納得いかないという人の為にアマゾンやSNS上の評判・レビューも紹介しています。

Google AdSenseマネタイズの教科書の購入を検討している人は是非参考にしてみて下さい。


【書評】『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』はズバリこんな人におすすめ!

「10年先も稼げるオーソリティサイトの構築」というキャッチコピーで有名な『GoogleAdSenseマネタイズの教科書[完全版]』通称『のんくら本』はどんな人におすすめなのか?。

書評・感想の詳細は後で述べるとして、取り急ぎ結論を申し上げると以下の通りです。

のんくら本は、こんな人におすすめ!

こんな人におすすめ

  • 自分の専門的な知見を活かした専門特化型のサイトを構築したい!
  • 情報サイトの構築・運営を事業として育てたい!
  • グーグルのアルゴリズムの変動に強い骨太なサイトを構築したい!
  • 更新を続けないと収益を維持できないブログアフィリエイトに疲れた。

ちなみに、本書のタイトルは『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』となっていますが、アドセンス以外のASPアフィリエイトやamazonアソシエイトでも十分役立つ内容になっています。

のんくら本は、こんな人にはおすすめできません!

こんな人にはお薦めできまません

  • ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイトをこれから始める初級者
  • 自分の個性・キャラを全面に出したブログ・サイト運営で勝負したい!
  • 最速で成果の出る最新のアフィリエイトのノウハウを知りたい!
  • トレンドや時事ネタをテーマにしたサイトを構築したい!
  • ロングテールキーワードでアクセスを集めるニッチ戦略で勝負したい!

※お薦めできない理由の詳細については、下記の【書評・感想】及び【レビュー情報・評判】をお読み頂ければ理解できると思います。

アフィリエイト初心者の方、自分には向かないと思われた方は是非、下記の記事を参考にしてみて下さい。ご自身にピッタリの本が見つかるかもしれません。

▼アフィリエイト おすすめ本10選+α▼

アフィリエイト おすすめ本10選+α|初心者から中級者さんのために厳選紹介

のんくら本だけじゃない!アフィリエイトのおすすめ本

サイトアフィリエイトのおすすめ本一覧

サイトアフィリエイト本の人気・売れ筋をチェック

内容紹介『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』各章の要点

『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』の購入を迷われている人のために同書の内容を簡潔に紹介します。

CHAPTER_1 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方

AdSenseで「稼ぎ続ける」ためには、「テーマの選び方」が大切です
今だけのテーマを紹介するのみでは、ブームが去ればアクセスは一気になくなります。
AdSense に「向く」「向かない」テーマの選び方を知ることで、一時の流行に流されず、ずっと収益を生み出すサイトを生み出すことができるようになります。

同書本文より

参入するテーマ・ジャンルの選び方について解説しています。10年先でも稼げるテーマ、流行に左右されないテーマ・ジャンル選びの必要性やそのための市場調査の重要性が説かれます。

CHAPTER_2 アクセス数を安定させる「SEO戦略」

検索からの集客だけに依存していると、ライバルサイトに検索順位を抜かれたり、Googleの検索アルゴリズム変動を受けたりし、翌月にはアクセスがゼロになることもあり得ます。
「稼ぎ続ける」ためには「検索順位を維持してアクセスが安定するコンテンツ」を作ることが必要不可欠です。

同書本文より

検索エンジン頼みの集客から脱却する必要性およびその施策方法からユーザーを100%満足させるための記事・コンテンツの作りのノウハウが語られます。SEO戦略と銘打っていますが外部リンク云々という話は一切ないです。いわゆるコンテンツSEOについてのノウハウが中心です。

CHAPTER_3 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」

「稼ぎ続ける」ためには、ナンバー1ではなくオンリー1のコンテンツを作成することが大切です。
誰にも負けないほどの知識を身につけることが、良質なコンテンツを作ってサイトを差別化することに繋がります。

同書本文より

記事の文字数やページ数ではなく、サイト全体のコンセプトや構造の重要性と理想的なサイト構造、10年先も生き残るAdsenseサイトの構築法について語られます。 本書の肝となる部分の一つです!

CHAPTER_4 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法

「稼ぎ続ける」サイトにおけるAdSenseについて、市場動向、最新のプロダクトの状況、実装方法から効果測定まで掘り下げて解説します。

Adsense広告の種類・種別、各種広告の活用方法、レポートの見方・検証方法についての具体的なノウハウが語られます。

CHAPTER_5 「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう

「稼ぎ続ける」サイト運営を続けていきたいのなら、個人の小さな知を広く伝える情報サイトを構築し、そのサイトをオーソリティー化することが大事です。
たとえそれがニッチな分野であっても「○○といえばこのサイト! 」と1番に思い出してもらえるようにするサイトの構築術を紹介します。

同書本文より

サイト運営者の個性ではなく情報が主役のサイト(情報サイト)を構築するための方法や競合サイトに対する対処方について語られます。

CHAPTER_6 10年先も安定して稼ぐために

安定してAdSenseで稼ぐために、核となる考え方、困難に立ち向かうためのメンタルの保ち方と解決法についてアドバイスをしていきます。

同書本文より

最終章では、サイト運営を続けていく中で生まれる悩みや疑問に対するアドバスが中心になります。

Google Adsenseマネタイズの教科書(のんくら本)の評価・感想

管理人の評価:★★★★☆ (星4つ)

管理人評&感想

『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』を読んで得られた一番の収穫は、これまであまり意識してこなかったサイト構造の重要性について気付かされたことです。

単に個々のページの集合体としてのサイトではなく、サイト全体のコンセプト・サイト構造でユーザーからの満足・信頼を得ることが必要という指摘には深く納得しました

本書で学んだサイトの構築法の知識ははこれからのサイト作りに有益に働くと確信しています

記事やコンテンツの作成方法についての言及もありますが、それらについては各種のアフィリエイトセミナー等で語られていることとほぼ同じ内容です。コンテンツの作成方法について新しい発見はあまりなかったです。

AdSenseマネタイズの教科書の悪い点

サイトの構造・構築方法とコンテンツ・記事の作成方法それぞれにについての解説が分断している点が読んでいる側からすると非効率に思えた。3章で語られるサイト構造・構築の話が、5章で異なる切り口で再び登場します。同じことは記事・コンテンツの作成方法にも言えます。サイト構造・設計に関する話題はサイト構造の話、記事・コンテンツの作成に関する話はコンテンツ作成の話として独立の章としてもらえればより読みやすと感じた。

『GoogleAdSenseマネタイズの教科書』の評判・レビューは?

管理人による書評・感想だけで納得いかない人はアマゾンのカスタマーレビューやtwittetでの評判も参考にしてみて下さい。

アマゾンでの評判・レビュー

アマゾンでのレビューの全体評価は★★★★となっています(2019年10月末)

アマゾンの口コミレビューの中から特に注目の高いレビュー、良い評価と悪い評価のそれぞれを紹介します。

★★★★★ 良い評価

前評判がよかったので購入してみました。
結論から言うと、とても良い本です。アドセンスを使い、長期的に末長く利益を上げるための考え方や方法論が細かく書いてありました。
社会保障制度のところなどは、なるほどなあとうならされました。
トレンドアフィリなどの短期的な手法に頼るのではなく、王道的な内容が書かれており、たいへん素晴らしい本だったなあという印象です。

アマゾン カスタマーレビュー

★★☆☆☆  悪い評価

初心者向けの本ではありません。
ここの評価が高くて驚きました。ネット初心者は買わない方がいいです。何故なら専門用語がそこかしこに散りばめられ、その説明も不十分だからです。初心者の方が読むには片手にグーグルがないと読み進められません。内容も難しく非常にストレスが溜まったので星2つです。

アマゾン カスタマーレビュー

その他のレビューをチェックする

twitterでの評判

あわせて読みたいおすすめ記事